東京女子体育大学新体操競技部

Official Web Site

新体操競技部の歴史

1920年代にドイツを中心に手具体操が始まったのが新体操のルーツと言われている。
その後ヨーロッパ諸国に普及し、1945年、ロシアで「新体操」の名称が誕生する。

日本の新体操と
東京女子体育大学新体操競技部

1948年
国民体育大会で新体操の団体徒手体操が行われる。
1951年
インカレ団体競技で東京女子体育大学が初優勝。
1967年
藤島八重子・加茂佳子が第3回世界選手権大会を視察。
1968年
全日本学生体操連盟がインカレに「新体操」を取り入れ、個人種目(徒手・ロープ)が始まる。
1969年
第4回ブルガリア/バルナ世界選手権に、東京女子体育大学OGと現役大学生の団体チーム(加茂佳子、関田史保子を含む)が日本から初出場する。日本団体チームは5位。ブルガリアの新聞が「東洋から新風来たる」と賛辞を送った。日本代表チームコーチとして加藤八重子が帯同。
1971年
ハバナで行われた世界選手権大会に、日本代表チームコーチとして加茂佳子が帯同。東京女子大学新体操競技部から川向妙子(21位)・五明みさこ(22位)・小林衣代(23位)、団体は5位(新井・植坂・竹下・小松・長谷川・小柏)
1973年
ロッテルダムで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして、加茂佳子・関田史保子が帯同。東京女子大学新体操競技部から小林衣代17位、黒川美智代19位。団体は5位(小松・長谷川・小柏・松枝・内田・阿部)
1975年
マドリッドで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子が帯同。高力美登里8位。団体は2位(小柏・東島・鶴巻・飯田・遠藤・野沢)
1977年
バーゼルで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして加茂佳子・関田史保子が帯同。荒尾美和子14位・麓久美子15位・小林由美子18位。団体は4位(伊佐敷・東島・鶴巻・飯田・遠藤・野沢)
1979年
ロンドンで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして加茂佳子・関田史保子が帯同。鵜木秀子9位・麓久美子12位・山崎浩子20位。団体は4位(遠藤・野沢・岡村・中田・中山・実松)
1984年
ロサンゼルスオリンピック日本代表チームコーチとして加茂佳子・五明みさ子が帯同。山崎浩子8位・秋山エリカ13位。
1985年
バリャドリッド(スペイン)で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして加茂佳子・関田史保子・五明みさ子・小林由美子が帯同。団体は6位(吉岡・野田・長野・山本・鈴木・大川)
1987年
パルナ(ブルガリア)で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして加茂佳子・関田史保子・五明みさ子・小林由美子・長谷川洋子が帯同。秋山エリカ16位・藤野朱美39位・大塚裕子43位。団体は5位(駒井・横川・川崎・庄司・高田・杉山・配島・吉田)
1988年
ソウルオリンピック日本代表チームコーチとして加茂佳子・五明みさ子が帯同。秋山エリカ17位・大塚裕子27位。
1989年
サラエボで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・五明みさ子・小林由美子・実松昌子が帯同。秋山エリカ8位・川本ゆかり41位・藤野朱美42位。団体は6位(庄司・赤堀・神谷・船本・高田・柳田・横矢・及川)
1991年
アテネで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・五明みさ子・小林由美子・中澤貴美枝・長澤佳苗が帯同。川本ゆかり23位・大久保智美43位・藤野朱美46位。団体は6位(柳田・横矢・上原・及川・桐山・松野・野田・増田)
1992年
ブリュッセルで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・小林由美子・長谷川洋子・秋山エリカが帯同。川本ゆかり16位・大久保智美24位。団体は9位(柳田・上原・及川・桐山・松野・野田・増田)
1992年
バルセロナオリンピック日本代表チームコーチとして関田史保子・五明みさ子が帯同。川本ゆかり37位。
1993年
アリカンテ(スペイン)で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・長谷川洋子・五明みさ子が帯同。川本ゆかり15位・大久保智美出場。
1994年
パリで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして細田陽子・五明みさ子帯同。山尾朱子21位・田原睦子32位。団体5位(石三・野田・増田・尾谷・加藤・斎野・竹内・高星)
1995年
ウイーンで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・長谷川洋子・五明みさ子・秋山エリカが帯同。山尾朱子24位・田村睦子出場。団体10位(尾谷・竹内・斎野・四宮・畑・宍戸)
1996年
ブダペストで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして五明みさ子・津城由美子が帯同。団体6位(竹内・四宮・明林・江頭・平林・日向)
1996年
アトランタオリンピック日本代表チームコーチとして関田史保子・秋山エリカが帯同。山尾朱子18位。
1997年
ベルリンで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして秋山エリカ・田名網陽子が帯同。松永里絵子18位・村田由香里19位、岩本美香子・宮崎加弥子出場。国別8位。
1998年
セビリアで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・津城由美子・秋山エリカが帯同。団体8位(四宮・明林・江頭・平林・日向・畠中)
1999年
大阪で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・大澤すみ子・五明みさ子・中澤貴美枝・秋山エリカ・田名網陽子が帯同。松永里絵子10位・村田由香里・岩本美香子出場。国別8位。団体(江頭・平林・岡森・小野・溝辺)※この年から団体競技は選抜チームの編成になる
2000年
シドニーオリンピック日本代表チームコーチとして関田史保子・秋山エリカが帯同。松永里絵子16位。団体5位(江頭・平林・岡森・溝辺・村田)
2002年
ニューオリンズで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・山本浩子・五明みさ子・秋山エリカが帯同。村田由香里・林芳江出場。団体16位(香西・臼井・角・遠藤・相良)
2004年
アテネオリンピック日本代表チームコーチとして関田史保子・秋山エリカが帯同。村田由香里出場。
2005年
バクー(アゼルバイジャン)で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・山崎浩子・吉岡紀子・五明みさ子・安達三保子・秋山エリカが帯同。日高舞・村田由香里出場。団体9位(古城・大貫・日高)
2007年
パトラス(ギリシャ)で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・山本里佳・五明みさ子・山崎浩子・吉岡紀子・秋山エリカが帯同。村田由香里30位・日高舞49位・大貫由利亜出場。国別10位・団体7位(原・三澤)
2008年
第59回全日本学生新体操選手権大会で東京女子体育大学が優勝。58連覇。
2008年
北京オリンピック日本代表チームコーチとして関田史保子・五明みさ子・山崎浩子が帯同。団体出場(原・三澤)
2009年
三重で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・長谷川洋子・五明みさ子・山崎浩子・吉岡紀子・秋山エリカが帯同。日高舞15位・大貫由利亜出場。団体10位(原・三澤)
2010年
モスクワで行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・秋山エリカ・山崎浩子が帯同。大貫由利亜・日高舞出場。
2011年
モンペリエ(フランス)で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・山崎浩子・秋山エリカが帯同。大貫由利亜・中津裕美出場。
2012年
ロンドンオリンピック日本代表チームコーチとして関田史保子が帯同。団体出場(深瀬・三浦)
2014年
第66回全日本学生新体操選手権(栃木県立県南体育館)にて東京女子体育大学が優勝。65連覇。
2014年
イズミール(トルコ)で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして関田史保子・秋山エリカが帯同。三上真穂出場。
2015年
シュツットガルト(ドイツ)世界選手権大会団体競技5位(国井出場)
2016年
リオデジャネイロオリンピック日本代表チームコーチとして山崎浩子が帯同。国井麻緒派遣。
2017年
ペサロ(イタリア)で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして山崎浩子が帯同。団体種目別フープ銅メダル、ボール&ロープ銀メダル(国井麻緒出場)。団体総合銅メダル。
2018年
ソフィア(ブルガリア)で行われた世界選手権大会日本代表チームコーチとして山崎浩子・長谷川洋子・山本里佳が帯同。団体総合5位、種目別フープ銀メダル、種目別ボール&ロープ4位(国井麻緒出場)
東京オリンピック(1964年)セレモニー参加時/第1回発表会写真(卒業生寄贈)

スポンサー様紹介

    

 




スポンサー様・寄付募集
私たち東京女子体育大学新体操競技部の活動を応援してくださるスポンサー企業様・ご支援者様を募集しています。
まずはお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら 寄付はこちら