東京女子体育大学新体操競技部

Official Web Site

何もないということ

何もないということ

数年前、オリンピック・パラリンピックの事業で東京都の離島、青ヶ島という場所に行った。
羽田空港から八丈島✈️へ飛び、そこからヘリコプターでフライトだ🚁
しかし悪天候で2日間、八丈島で足止めとなった(2日で飛んだのはマシな方で10日以上も飛べないことも良くある、幻の離島と言われているらしい…)

太平洋にポッカリと浮かんだ島は、周りが崖、その上に様々な色の緑の絨毯が溢れるように敷き詰められている、まるでアニメの「君の名は」のロケ地のような形をしていた。
ヘリを降りると、小学校の職員の方「何にもない島にようこそ…」と出迎えてくれた。
確かにビルも商店街も、コンビニもファミレスも何も無い、遠くで鳴いている牛の声が聞こえ、空では鳥が舞っていた…

島の小学生、総勢5人は学年もバラバラ、笑顔で元気いっぱい、日に焼けた肌は健康そのものだ、授業中の教室を覗いてみると、1人に1人ずつ担任の先生が着いて授業をしていた。
放課後はピアノに柔道、サッカーに竹馬、地元派出所の警察官や地域の人も指導に当たる。

いよいよ、私の授業‼️
体育祭で発表するため、マット運動を中心に集団演技を作って欲しいとの依頼があった。体育館の倉庫のマット置き場を見ると1人1枚準備出来るほどのマットが置いてある。2台ある跳び箱、一コマ40分の授業を5人で飛べば授業の終わりにはヘトヘトだ…

 

何もない???
そうだろうか?

この場所はあまりにも豊かだった。
活断層のあるこの土地は、ひんぎゃと呼ばれる地熱で蒸気が噴出する場所があり、料理が出来る。
明日葉のははあたり一面に生えており、ちょっとちぎって味噌汁に入れることだってできる。
島を飾るように額紫陽花が至る所に咲いている。
澄んだ空気、満天の星、見たこともないような大きな魚が取れる。

夢のような場所とその時間は、数年経った今でも幸せな思い出として深く心に刻まれている…

私には何もないと言う選手に出会うことがある…

何もないと感じた時に、何があるかを考えてみたらどうだろう…

何かある、何もないと思っている人こそ、きっと誰もが持ってない何かが必ずある…

秋山エリカ

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE

スポンサー様紹介

   フォーカスシステムズ 

   




スポンサー様・寄付募集
私たち東京女子体育大学新体操競技部の活動を応援してくださるスポンサー企業様・ご支援者様を募集しています。
まずはお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら 寄付はこちら